2017/03/11

東日本大震災から6年、TVに疑問?

 今年も3.11を迎えて、この一週間TVは、映像を通して被災地の今を連日伝えています。

 6年前の未曽有の大災害の記憶を風化させないため、被災当時の悲しみ・・・、その後の苦しみ・・・、今の心境・・・について、いろいろな地区の人々の心の傷をドキュメンタリーも交えて掘り起こしています。

 見ている側は、グッと目頭を押さえたくなるような内容がいっぱいで、感極まる人も多いのではないでしょうか!

 しかし、公共放送としては、国民が感動さえすれば十分満足なのでしょうか?余りにも内容が偏り過ぎていて、「本当に、被災地のためになっているのか? 国民のためになるのか?」と、疑問に感じているのは私だけでしょうか?

関連記事

コメント

非公開コメント