2016/12/25

Christmas

今年の品川教会のクリスマス(礼拝)

2016クリスマスリース

 1978年からほぼ38年間、クリスマスは品川教会に行っています。例年、礼拝の終盤に牧師の「説教」がありますが、今年は特に印象深かったのでお伝えします。

 牧師は、弟子のマタイがイエス・キリストに従うようになった福音書から引用され、「あなたを招くために」と題して説教してくださいました。

 牧師は、その中で、「人(罪人)は、何故自分中心で利己的な考えや行動をとるのか?それは、不安だからです。何故不安かというと、人を信用できない、頼れない、頼れるのは自分だけという気持ちがそうさせるのです。そこで、全能の神は、罪人を招くためにイエスさまを人として遣わされ、そして、救いの手を差し伸べてくれます。だから、あなたはイエスさまに招かれています。イエスさまがあなたの罪を背負ってくれるのです。あなたはもう一人ではない、不安になる必要はないんです。」と、説かれました。

 私は、キリスト教の洗礼を受けた身ではないので私なりに理解すると、「人は、信じられる人を持つこと、見い出すこと、信じられる人になること」を説いているのではないかと思います。そのためには、人は何をすべきか、そこが問題ですが、やはり、心の教育・しつけが一番大事であって、法や制度に頼るばかりではどうにもならないような気がします。

関連記事

コメント

非公開コメント