2012/04/01

スーパー「ライフ大倉山店」建築反対闘争記録(7)

<開店はしましたが・・・>

 開店後も、覚書に基づいて、私たち管理組合は、隣接のマンションと合同で、ライフと定期的に協議を行っています。その中で、照明による光害やイベントのスピーカー音の問題などは、その都度申し入れ是正してもらっていますが、やはり、解決できない問題もあります。

 例えば、外に置き去りにされた犬の鳴き声や、早朝の運搬車輛のエンジン音や金属音、明る過ぎる店舗照明など、今でも、我慢しながら生活をしている部分があります。その対策として、高木の植樹やオーニング(テント)・ベンチの設置などを提案していますが、なかなか聞き入れてもらえないのが実状です。

 これらの案は私が提案したものですが、「中央通路を潤いのあるゾーンに改善することにより、来店者が休息したり語りあったりできるほか、音・光なども遮ることができるのではないか?」というのが私の考えです。皆さんは、どう思われますか?

 最後に、ライフ大倉山店は、私たち対策委員会とこのように長い長い交渉を経て、オープンしたのだということを、是非とも、皆さんの記憶に留めておいていただきたいと思います。

  また、近隣の方々は、近くにスーパーができて便利になったと思いますが、その反面、我慢しながら生活している人がいることを、少しでも理解していただければ嬉しい限りです。現時点では、ライフの車での利用客が少ないおかげで、交通への影響があまり出ていないのが不幸中の幸いですが、今後どうなるか分かりません。最後に、この対策委員会に参加いただいた多くの有志の方々に感謝申し上げます。

 
 オープン後のことは、別の機会に書きたいと思っていますので、そのときは、また読んでいただけると幸いです。

関連記事

コメント

非公開コメント