2014/02/02

第6期~第10期マンション管理(平成9年1月1日~平成13年12月31日)

<第6期~第10期マンション管理>1997年~2001年

●第10期(平成13年)の主な活動

①保守メンテ
・カラスネット
 カラス除けネットのサイズが小さ過ぎるので、大きいものに交換しました。(緑色)

・エレベーターの遠隔監視システム導入
エレベーターの遠隔監視システムを導入しました。機器の設置(籠上)により、非常時、日立EVの緊急センターと直接通話することが可能になりました。そのため、毎月実施していました保守点検が1回/3カ月と少なくなりました。管理組合の費用負担はありません。

・バッテリー交換
 今期予算化していました非常警報設備のバッテリー交換は実施しましたが、地下通路の照明増設は、様子を見ることにしました。

・雑排水管洗浄工事
 築後10年を迎えたことから、毎年雑排水管洗浄工事を実施することにしました。

②修繕工事
・オートロック装置の交換工事
 集合玄関オートドアに多数の不具合箇所が発生していましたので、1月にオートロック装置の交換工事を実施しました。

③管理委託契約
・管理委託契約の更新
 空き駐車場の発生により収支が厳しいことから、仕様は変更せず、11,400円/月の減額(企業努力)で管理会社と契約更新(2年間)することが総会に提議されました。ところが、仕様の一部見直し等によりさらなる減額を図るようにとの意見が出されたため、次期理事会にて再検討することとなりました。

・管理費保証制度
 管理会社より、会員証を提示の上、管理費等保証制度の説明がありました。

④その他
・修繕積立金の改定
 管理会社からの大規模修繕計画と資金計画(案)の提示を受けて検討した結果、しばらく様子を見ることにしましたが、修繕積立金の値上げについては、今後、慎重に協議を継続することにしました。

・保険契約の更新
 保険金額を見直し、三井住友海上保険の積立マンション総合保険(Eプラン)にて契約を更新することにしました。

・空き駐車場
 空き駐車場は、アンケート調査の結果、所定の手続きを条件に、無料で来客用として使用可能としました。

・駐輪場の使用状況
 駐輪場の使用状況について、アンケート調査を実施しましたが、未提出者がいたため、総会時に利用区画の確認を行いました。

・マンション管理適正法の施行
 平成13年8月、「マンション管理適正化法」が施行されました。(※当ブログ専門用語内に詳しく説明していますのでご覧ください。)

・電気室の鍵
 ガス漏れ警報器が発報した際、電気室に入室する必要があることから、全役員が鍵を保管することにしました。

・ガス漏れ警報器
 また、専有部分であるガス漏れ警報器が交換時期にあることから、各住戸に募集をかけて組合が斡旋することにしました。

⑤今後の検討課題
・電気室スペースの有効利用の検討

・水道管の直結方式への変更工事の検討(保守費とスペースの削減)

・インターネットの光サービス導入の検討

●第9期(平成12年)の主な活動(※私の役職は、監事でした。)

①保守メンテ
・宅配ボックスの利用状況
 宅配業社内の担当者の引継ぎがきちんと行なわれないため、宅配ボックス(リビングボックス)を活用しない宅配業者が多くなってきたと思われることから、再度、利用状況を調査し、宅配ボックスの廃止を含めて今後の検討課題としました。

・雑排水管洗浄工事
 2年ぶりに雑排水管洗浄工事を実施しました。
 
②修繕工事
・駐輪場入口床タイルのクラック
駐輪場入口部の床タイルのクラックについて、異種の地下構造体による不同沈下が原因と考えられるため、簡易の補修工事では再発する恐れがあり、改修方法を慎重に検討することにしました。

④その他
・駐車場の空き
 駐車場の空き区画の募集を行いましたが、希望者がいないため、一般会計の収支が赤字になる恐れが出てきました。使用料金の値下げ等意見が出ましたが、居住者(賃貸人)まで枠を広げて、再募集することにしました。

・生活マナー
 ゴミ出し等チラシを配布して、居住者に生活マナーの注意を促しました。

・CATV
 CATV(YOUテレビ)の導入を検討しましたが、有線放送との兼合いもあり、見送ることにしました。

・新会計システムの導入
 管理会社から、9月から導入予定の新会計システムについて説明がありました。

●第8期(平成11年)の主な活動

①保守メンテ
・防犯センサー
 当マンション1階の空巣未遂事件により、センサーを再作動させるため、私の知らないうちに電源移設工事(平成11年12月施工)が行われましたが、居住者が管理できないことや近隣住民に迷惑がかかることから、再作動させないことを申し合わせました。(※その理由は、第1期のブログに書いておりますのでご覧ください。)
 なお、改めて、私から管理会社の担当者に、理事への適切なアドバイスを要請しました。

②修繕工事
・ポンプの補修工事
 NO.2給水ポンプの補修工事を行いました。

・塗装工事
 前期からの申し送りの通り、審議を経て、「鉄部塗装工事」、「屋上トップコート塗装工事」を実施しました。この時の反省として、理事会が施工者任せとしたため、塗装の色が微妙に変更され、外壁タイルや石などとの調和がくずれてしまいました。(そのため、次回からは、私が作成した色見本で調合させています。)

 ③管理委託
・管理委託契約
 管理会社との委託契約更新(2年間)について、現行通りの仕様及び金額にて再契約することが、総会にて全員賛成により承認されました。

●第7期(平成10年)の主な活動

①保守メンテ
・散水栓ホースの設置
 住民が植栽への散水を手軽に行えるように、リール式ホースを購入し、設置しました。

・雑排水管洗浄工事
 2年ぶりに雑排水管洗浄工事を実施しました。
  
②修繕工事
・塗装工事
 「鉄部塗装工事」、「屋上トップコート塗装工事」について、状況を確認の上、次期理事会で審議することになりました。

・改良工事
 地下1階EVホール照明の改良(増設)についても、併せて検討することになりました。

③その他
・資金運用と保険
 「積立マンション総合保険」加入に関して、高い運用利回りが得られることから、プランAにて加入することが総会で承認されました。
 「地震保険」については、建物部分として5000万円が上限であること、各区分所有者が加入している場合は共用部分との調整が必要になる場合があること、また、保険金額が高額であることなどから加入しないことにしました。
 
・駐輪場の割り当て
 第6期総会の決定を受けて、駐輪場の区画を整理し、使用者の再割り当てが実施されました。
 
・基地局の設置
 NTTパーソナルより、PHSアンテナ設置の申し出がありましたが、美観上の理由から断念しました。

●第6期(平成9年)の主な活動(※私の役職は、副理事長でした。)

◎第6期臨時総会(平成9年6月8日)
・修繕積立金の改定
 当マンションも竣工から5年が経過し、将来の大規模修繕工事を計画的に実施するため、「修繕積立金の必要性と改定額」についてアンケート調査を実施しました。その結果、12/14が「修繕積立金は必要である。」と回答し、7/12が「現行の2倍程度、段階的に値上げする。」に賛成されました。この結果を受けて、臨時総会を開催し、「修繕積立金を現行の2倍程度とする。」ことが、13/15の賛成多数で決議されました。

①保守メンテ
・植栽の保守
 玄関扉の両サイドと駐車場後方のサツキは、雨がかりと日照不足から1年目で枯れてしまい、保証期間内(1年間)に植え替えましたが、また、直ぐに枯れてしまいました。長年、美観上の問題となっており、理事会でも度々議論してきましたが、費用をかけて植え替えても、また、枯れるのではないかと不安視する意見もあり、なかなか結論が出せませんでした。やっと今期理事会において、出費を抑えるため理事で植え替えるしかないと決断し、平成9年12月に、有志で実施しました。(その後も、有志の方々で世話をしています。)

②修繕工事
・小修繕工事
 散水栓の取替え工事を行いました。

③管理委託
・管理委託契約の更新
 管理委託契約の更新(2年間)について、総会において全員賛成により承認されました。委託費は変更せず、週1回の建物巡回・保全計画業務(長期修繕計画の策定と資金計画等に関するコンサルティング)・建物診断業務(有資格者による建物診断、2年間の修繕計画の提案)等が追加されました。

④その他
・資金運用
 管理会社より、資金運用として、「積立マンション総合保険」が紹介され、次期理事会(第7期)にて検討されることになりました。

・駐輪場の割り当て
 駐輪場は、各戸に1台ずつ割り当てられており、2台以上所有の方は、未使用区画をその区分所有者から借りて利用できることになっています。しかし、きちんと整理されていない状況が見受けられるため、今後は、理事会において区画等調整することにしました。現在の総所有台数は15台で、ギリギリ納まる状況です。
 
・散水栓の利用
 現在100円/月で貸し出している散水栓の利用について、当初、水道の使用量を抑制するため、ホースでの使用を禁止していましたが、基本量にはるかに及ばないことから、ホースでの利用を認めることにしました。

以上が、第6期~第10期(平成9年1月1日~平成13年12月31日)のマンション管理組合の主な活動記録です。

関連記事

コメント

非公開コメント