2014/12/31

私のマンション履歴 中野編(11)

<好条件で売買契約成立> 

 大倉山のマンションの売買契約は停止条件付で、中野のマンションが売却できない場合は解約されることになっていました。その点は安心だったのですが、何としても早く売って早く安心したいという気持ちが段々強くなっていました。

 前にも書きましたが、私たち夫婦は、以前は内装デザインの仕事をしており、中野のマンションでは、ドイツ製のシンプルなシステム家具を間仕切りに使ったり、自分で言うのもおこがましいですが、結構センスの良いインテリアでした。それでも、少しでもなお良く見せようと、さらに美化に努めました。

 マンションの売却ははじめてのことでしたので、「買い手が見つかるだろうか?いくらで売れるだろうか?」などと不安で一杯でした。勿論、次のマンションの販売代理店のTL社(売主(T社)のグループ企業)に仲介を一任しました。

 平成3年3月にTL社と※専任媒介契約を締結し、担当者と条件について話し合いました。私たちは、知り合いの不動産関係の人やいろいろな方のアドバイスを参考に、自慢のインテリアも加味して、自分たちで査定した金額(購入価格の3倍近い額→10年で3倍弱!)を提示しました。
※専任媒介契約:当ブログ内専門用語「専任媒介契約」を参照してください。

 ところが、担当者はちょっとビックリした様子で、「少し高いのでは?下げた方が良いのでは?」と難色を示しましたが、少しくらい(リフォーム費程度)の値引きは覚悟の上で、その価額でお願いしました。

 なんと、一ヶ月も経たないうちに買い手が現れました。我が家(部屋)を一目見るなり、その綺麗さがすっかり気に入ってしまったとのことで、トントン拍子に契約が成立しました。買われた方は、地方のお医者さん親子(息子さんは東京在住)で、私たちの言い値で承諾し、一円の値引きも要求してきませんでした。TL社の担当者も大いにビックリしていました。

 ただし、一つだけ条件を付けてきました。それは、大倉山のマンションが完成する平成3年12月に引き渡す予定にしていましたが、半年ほど早い6月に空け渡してほしいというものでした。私たちは、このチャンスはまたとないと考え、快く承諾しました。当時の銀行の金利は高かったので、売却代金の金利で、半年ほどの仮住まいの家賃は十分賄えると試算したからでした。

関連記事

コメント

非公開コメント