2015/01/05

私のマンション履歴 中野編(6)

<ずっと理事>
 
 管理会社の社長(実は社長ではなかったのですが)が、管理費を使い込んだのは、ほかの事業で失敗し、資金繰りに困ってのことだったそうです。それでも、雇っていた管理人さんには、滞るときもあったようですが、給料は支払っていたようでした。しかし、美容院を経営していた奥さんとは、お金(負債)が原因で離婚していました。
 
 その別れた奥さんから、「自分が元夫の代わりに返債しますから、子供のために元夫を前科者にしないでください。」と、泣きながら懇願されました。我々も、刑事事件にしても何のメリットもないし、その言葉を信じて起訴することを止めました。結局、元奥さんが、月々7万円ほどの分割で何年かかっても全額返債することを約束したので、我々もこれを了承したのです。
 
 我々は、管理費が返債されるまで、この事件のことは一般組合員に知らせないことにし、その間、総会は開催せず、理事も交代しないことを決めました。マンションの管理についても、当分の間、管理組合の自主管理とし、管理人さんもそのまま管理組合が雇用することにしました。(後に、大手管理会社に委託しました。)

関連記事

コメント

非公開コメント