2015/01/06

私のマンション履歴 中野編(5)

<管理費が消えた>
 
 総会・理事会が開かれないまま、管理人(住み込みで、感じの良いご夫婦でした。)さんが2度目の手術をすることになりました。理事長から、「前回のときと同様に各階の理事が見舞金を徴収してほしい。」と電話で依頼されましたが、私は、「管理人さんへの見舞は良いが、理事会・総会が開かれないのはおかしいのでは?」と、訴えたところ、酒に酔っていたせいか、捨てぜりふを吐かれ電話を切られてしまいました。
 
 そのようなことがあってしばらく後、理事長から、「管理会社に管理費を使い込まれた!」と、「ボソボソッ」と電話がかかってきました。(ほら、言わんことではないか!怒り心頭だ!)
 
 管理会社の社長(実は、法人は嘘で社員が一人もいない個人事業主だったのです。)を呼んで、問い正したところ、2百数十万円の使い込みについて謝罪しました。ところが、私が詳しく預金通帳や帳簿をチェックしたところ、その他に、2百数十万円の使途不明金があることに気付きました。
 
 さらに、問い詰めたところ、急に土下座をして、「ワァー」と泣き出してしまい、結局、450万円ほど使い込みされたのでした。(やられた!1年分の管理費に相当する額だ・・・)しかし、社長は返債のあてがないとのことで、我々も途方に暮れました。

関連記事

コメント

非公開コメント