2019/10/22

マンションの水害対策

鶴見川は「暴れ川」?
 当マンションは、暴れ川と呼ばれている「鶴見川」から600~700mほど離れたところにあります。鶴見川は、その昔、何度となく氾濫を繰り返していたので、そう呼ばれているそうです。

 しかし、国土交通省関東地方整備局の河川改修工事の甲斐あって、また、サッカーワールドカップで建設された横浜国際競技場(日産スタジアム)に併設された新横浜公園のおかげで、鶴見川の氾濫の危険性は随分低減されました。新横浜公園は、鶴見川多目的遊水地を兼ねており、総貯水容量が390万㎥(東京ドーム約3個分)と大規模な容量を誇っています。

台風19号への対応
 今回の台風19号がもたらした雨は、大雨であったことは間違いないのですが、以前に経験したような、前方が白く霞んで見えなくなるほどではなかったので、地下の電気室を守るための防水板土嚢の確認を済ませて、10月12日は、終日、関東地方整備局の河川の水位情報(近傍2箇所)を見守っていました。

 今回は、土嚢の設置にまで至らなくて良かったと安堵していたところ、次の日、外が騒がしいので出ていくと、防水板土嚢が設置され、数人の管理組合の理事等が後片付けをしていました。「警戒レベル4に引き上げられたので、昼間の間に設置した。」との説明でした。土嚢は、使用前に水に浸すタイプのもので、再利用可能ということから玄関ホールに並べて干していました。

マンションは共同で守るルールづくりが必要!
 この地区が、警戒レベル4に指定されたのは、「急傾斜地崩壊危険区域が存在するからであって、鶴見川氾濫危険水位を超えそうだからではないのに・・・?私に相談をしてくれれば・・・!」と、一瞬、言いかけたのをグッとこらえました。

 考えて見ると、防水板の設置は、私や管理会社等がこれまで数回設置していますが、土嚢は、最近、準備したので、設置手順を決めていませんでした。そこで、次の総会において、以下の「防止板及び土嚢の設置手順」を提案するつもりです。

<防止板及び土嚢の設置手順>
「防止板及び土嚢を設置するとき」
1.この地域は、内水による氾濫の危険性は少ないが、横浜市の浸水想定区域図では、50㎝ほど浸水の可能性があることから、鶴見川の氾濫に備えることとし、近傍2箇所の観測水位が氾濫危険水位を超えたとき、又は、関東地方整備局の河川の洪水予報「洪水予報・水位周知河川情報発表文」により、超えることが予想されるときは、防水板及び土嚢を設置することとする。また、安全を鑑み、設置は、昼間の明るい時間帯とする。

「防止板及び土嚢を設置する人」
2.災害は、いつ何時襲ってくるとも限らないので、在宅の理事が中心となって、全戸に呼びかけを行い、可能な有志にて計画どおりの手順で設置するものとし、在宅者には、防水板及び土嚢が設置されていることを周知する。また、災害が納まった時期を見計らって、昼間、声を掛け合って、可能な有志にて後片付けを行うものとする。

関連記事

コメント

非公開コメント