2019/06/23

建築士定期講習を受講!

3年に一度の建築士定期講習を受講!

 時が経つのは早いもので、前回の建築士定期講習から早や3年が過ぎました。今回も某資格専門学校の横浜校で先日受講しました。(9時30分から17時30分まで)

 記憶にある方も多いと思いますが、平成17年11月に表面化した「構造計算偽装事件姉歯事件)」は、建築の安全・安心を脅かす大きな社会問題となりました。

 そこで、建築業界に対する国民の不信感を払しょくするために、「建築確認時の構造設計図書の審査の厳格化(構造計算適合性判定制度の導入ほか)」や、「指定確認検査機関に対する監督の強化」、「建築士及び建築士事務所等に対する罰則の強化」、「住宅の売買等の瑕疵担保責任の充実」等の制度改革が法制化されました。

 その一環として、建築設計事務所に所属する建築士は、原則3年以内ごとに、定期講習を受講することが義務付けられたのです。

 最近の建築業界は、姉歯事件のような建築業界内部の問題に対する制度改革もありますが、省エネルギー、低炭素化、シックハウス対策、バリアフリー化(ユニバーサルデザイン)、長期優良住宅の普及など地球環境問題や社会問題に対応するための制度改革や技術革新も日進月歩であり、建築士が負う役割は昔に比べて広範囲でその質・量ともに膨大になってきているのが実状です。

 そのため、一日の定期講習では、一つ一つの内容を詳しく聞く時間はとてもありません。6時間喋りっ放しのビデオの中の講師の話しを理解するのが精一杯です。私のような高齢者建築士には、体力的にもなかなか大変なんですね!その後、考査の試験が1時間あり、これにも合格しなければ受講証明書がもらえないことになっています。この証明書がなければ、建築士としての活動が制限されることになります。

私は、今回で4回目の更新となりますが、今回が最後の更新になるでしょう!?

関連記事

コメント

非公開コメント