2019/05/17

「なぜ日本製はどれもデザインがダサいのか」の記事に賛同


日本製のデザインはダサい

 PRESIDENT 2019年3月4日号に掲載されていた「なぜ日本製はどれもデザインがダサいのか」 (一橋大学大学院経営管理研究科教授 鷲田祐一氏)という記事を読んで、私も以前から感じていたことなので、大いに納得しました。こういう感性の日本人が増えてくれれば、日本も本当に変わるのだが・・・と、微かな希望の光をみたような気分になりました。

 バブル崩壊後も、日本は、技術革新こそ世界に打ち勝つ唯一の道だと信じて、機能と価格のみ追求してきましたが、今や、世界をリードするほどの製品は車の一部を除いて、ほとんど見当たりません。

 それどころか、バブル以前には、日本にはデザイナーと呼ばれる人たちが各界で活躍していましたが、コストカットの時代になって、真っ先に切り捨てられたため、今では、ダサいデザインの製品ばかりが溢れるようになりました。(当時は、銀座で石を投げると必ずデザイナーに当たると言われたほどデザイナーで溢れていました。)

 そうなった原因は、鷲田教授がおっしゃるとおり、日本企業の経営層には、デザイナーデザインの重要性を理解する人が含まれていないからだとの意見に私も賛同です。30年程前に、初めてアップルコンピュータを見たときのワクワクするような製品でなければ、世界の人々を魅了することはできません。

 私の専門でもある建築都市計画の分野においても、政治家や官僚などにデザイナーデザインを理解する人がいないために、日本は魅力的で計画的な都市づくり、まちづくりができないのかも知れません。いや、絶対にそうです!

関連記事

コメント

非公開コメント