2019/05/01

「令和」は新しい時代か?

新元号で大騒ぎする日本人の何と多いことか!

 4月30日から5月1日にかけて、マスコミをはじめとして、普段天皇に何の興味も示さない若者までが新しい時代の幕開けと称して夜通し大騒ぎをする光景を目の当たりにして、一体、どういう理由で新しい時代が来るのか、昨日と今日で何が変わったというのか、私には、全く理解できませんでした。

 「令和」は、新しい時代ではなく、新しい天皇が誕生したに過ぎないのです。新しい時代は、私達自身が変わらなければ、絶対に来ないのです。

 日本人は本当に形式に左右されやすく、論理的思考の苦手な民族だと改めて感じたと同時に、この有り様では、真に新しい時代などほど遠いのではないかと、少し落胆させられたような複雑な気持ちになりました。

 新天皇の即位という国事にあたって、マスメディアのなすべきことも、象徴天皇のあるべき姿やその将来について、改めて議論を呼び起こすことであり、祝賀行事やイベントを長々と垂れ流すことではないと思います。

 この二日間、こんな風に感じたのは、私だけでしょうか?

関連記事

コメント

非公開コメント