2019/02/25

新しい時代に向けて

「日本の常識は世界の非常識」

 2019年も明けて2か月が過ぎようとしています。太平洋側では、穏やかな晴天の日が多いですが、日本海側では、厳しい寒さが続いているようです。雪崩などの災害が起きなければ・・・と案じています。

 また、今年も各地で、断続的に地震が発生しており、大地震に至らないことを願っています。

 2019年(平成31年)を迎えて、事あるごとに、「平成最後の・・・」というフレーズを耳にすることが多くなり、そのボルテージも次第に増してきたように思います。そこで、新元号・新時代を迎えるにあたって、以前から、「日本の常識は世界の非常識」と言われていたことを思い出し、改めて考えてみました。

 その理由は、バブル崩壊後30年の長い間、日本が閉塞状態なのは、そこに原因があるのではないかと思ったからです。また、パワハラ、セクハラ、いじめ、虐待、過労死などのハラスメントが日本人に多いのも、同じ原因ではないかと思ったからです。

 日本の常識の多くは、いまだに統治者(管理者)側に都合の良い封建時代の思想が根底にあり、我々国民は、それに巧く洗脳され、受け継いできてしまったのではないでしょうか。

世界でも有数の極貧国家

 日本は、江戸時代までは、1割にも満たない武士や公家がこの国を支配し、一般庶民は、自らの権利や自由、平等を訴えたこと(デモクラシー運動)など一度もなく、長い間、農耕中心の貧しい生活に耐えてきた世界でも有数の極貧国家であったわけです。

 明治になって、武士の身分はなくなり、欧米の思想が入ってきましたが、今度は、薩長主体の新政府が掲げた「世界の一等国入り」という野望のために、「富国強兵」の基、「世界侵略構想」によって、さらに、国民は虐げられたのです。結局、この時代もデモクラシー運動は市民権を得ることはなく、その結果、・・・太平洋戦争へ、・・・結局、敗戦です。

形式だけの民主主義

 戦後は、焼土化した国土で、国民は飢えと闘いながら生きるために働きました。そしてGHQは、世界戦略上、日本を資本主義(西側)陣営に取り込むため、民主主義を強要し、そのおかげで日本人は、主権や自由、平等を手に入れることができたのです。勿論、私達が勝ち取ったものではなく、米国から与えられたものです。ときの政府も、真に民主化を望んでいたわけではないでしょう?天皇制と明治時代からつづく官僚制が保持できれば良かったのでしょう?そのためか、残念ながら日本は、魂のない、形式だけの民主主義国家になったのではないでしょうか!

日本の民主主義国家は錯覚!

 我々国民も、与えられた権利であり、与えられた自由、平等であることから、その価値や真の意味を深く理解することもなく、朝鮮戦争を踏み台にし、資本主義による高度経済成長を成し遂げ、日本人は世界一優秀な民族などと、政府や官僚、財界人から煽てられ、いい気になっていた時代が昭和だったのではないでしょうか。そして、いつしか日本は、真の民主主義国家だと誰もが錯覚するようになっていったのです!

人間関係を重んじる欧米人
上下関係を重んじる日本人

 そのため、いまだに統治者(管理者)側にとって都合の良い上下関係の礼節を美徳とする思想や慣習が、政治・経済・文化・スポーツなどの各分野に、日本の常識として根付いていることに気付かないでいるのです。これらの思想や慣習が無意識のうちに身体に染み付いていて、変だとは思わないのです!これらのことが原因となって、人間関係を重んじる欧米の常識と、上下関係を重んじる日本の常識とでは、油と水のように馴染まないのではないでしょうか。

 上下関係を美徳とする日本のシステムとしては、茶道や華道、日本舞踊などの家元制度が真っ先に挙げられますが、歌舞伎や落語などの演芸、大相撲やプロ野球、高校野球などのスポーツに至るまで蔓延っています。しかしながら、日本人はそれらの業界が好きで好きでたまらないのです。また、その上下関係は、一般社会にまで浸透しており、「お客様は神様です!」とか、「長い物には巻かれろ!」とか、民主主義にあるまじき格言が、いまだに言われつづけています。同様に一般の企業でも、上下関係の管理を優先するあまり、実のある働き方改革が進まないのではないでしょうか。スポーツ界での体罰もそうだと思います。

目覚めよ!「九州男児」&「京都人」

 特に、上下関係の好きな人種は、「九州男児」と「京都人」だと思います。明治新政府は、その「九州男児の薩摩」と「京都の公家」が合体した組織であることからも、日本の近代化は、如何にが封建的、保守的であったかうかがい知ることが出来ます。九州男児は、いまだに「男尊女卑」の思想が根底にあり、生っ粋の京都人は、見栄っ張りで格式を重んじ、直接的に物を言わない(遠回しに嫌味を言う)など、現在でも、その性格を引きづっている人が多いようです。この人達が、近代以降の日本社会に悪影響を及ぼし続けているのではないかとさえ感じます。

勇気ある連鎖のデモクラシーが必要!

 日本が、真の民主主義社会となるためには、社会的、経済的地位よりも、個人の尊厳や人格を大切にする社会になることが求められており、そうでない限り変わらないと思います。誰もが勇気を持ってデモクラシーを促し、それが連鎖となって広く浸透していかない限り、法制度だけを変えても変わりません。現在の日本の常識がデモクラシーか否か、一つ一つ突き詰めて考える必要があります。 政治デモクラシー、経済デモクラシー、働き方デモクラシー、スポーツデモクラシー・・・各分野において変わらなければ・・・!

関連記事

コメント

非公開コメント