2018/11/25

今どき、大阪万博?

東京オリンピック・パラリンピックの二の舞か?

 11月23日(金曜日)にパリで開催されたBIE(博覧会国際事務局)総会において、2025年国際博覧会の立候補国(日本(大阪)、ロシア(エカテリンブルク)、アゼルバイジャン(バクー))がBIE加盟国に対し、開催国決定投票前の最後となるプレゼンテーションを行いました。

 その後、BIE加盟国による2回の投票により、2025年国際博覧会の開催国が大差で日本に決定しました。何故、こんなにも差がついたのかはさて置き、会場建設費だけでも、約1250億円もの予算を目論んでいます。しかし、東京オリンピック・パラリンピックでもそうであるように、時間の経過とともに予算が膨らむことは火を見るよりも明らかです。

税金の無駄使いでは?

 3分の1ずつを、国、大阪府(関西圏自治体)、関西経済界で負担するとのことですが、税金の使途として国民の理解が得られるのか、はなはだ疑問です。そんなことに大金を投入するより、教育、国会・行政システム、産業構造の刷新にお金も労力も使うべきです。

またも、万博に日本再生を委ねる日本!

 2800万人の来場者を想定し、約2兆円の経済波及効果を見込んでいますが、1970年の大阪万博時代とは、情報・科学技術も世界情勢も全く違います。イベントに頼ってばかりでは、この国は再生できません!

関連記事

コメント

非公開コメント