2015/01/10

私のマンション履歴 中野編(1)

<はじめてのマンション>
 
 私は、今でこそ一級建築士・技術士(建設部門・都市計画)など建築関係の資格を取り、経験も積みましたが、はじめて中野のマンションを買った当時は、内装デザインの仕事をしており、建築やマンション管理にはそれほど詳しくありませんでした。(平成26年度はマンション管理士の資格も取りました。)

 昭和53年2月から中野のマンションを買うまでの3年間は、吉祥寺の2階建鉄筋コンクリートの古いアパートの2階部分を借りていました。夏は陸屋根からの輻射熱が厳しく、冬は結露が激しく、お風呂もなく、快適な生活にはほど遠い環境でした。ただ吉祥寺の街が好きだったので、このアパートから新婚生活をスタートさせたのです。(閉店間際のお風呂屋さんにしょっちゅう駆け込んでいました。)

 当初、夫婦二人で働いていたので、ときどき海外旅行をしようと貯金をしていました。ところが、当時は、残業も多く日曜も休めない(土曜が休日になったのはずっと後のことです。)仕事でしたので、簡単には海外旅行に行けなかったのです。

 そのうち、貯金も増えてきて、家賃で住宅ローンが返せるほど頭金が貯まってしまったのです。それなら、家を買おうということになりマンション探しを始めました。最初は、手探りの状況で住宅雑誌などを読みあさり、「百文は一見にしかず」の言葉通り、とにかく物件を見てまわりました。最初は同じように見えたマンションも、見た回数に応じて、不思議と違いがわかるようになってきました!後の買い替えのときも、同じように一物件でも多く貪欲に見てまわりました。
 
 はじめての中野マンションは、昭和55年6月、27歳のときに契約しました。場所は、地下鉄丸の内線中野富士見町駅から徒歩7~8分のところでした。規模は、店舗4戸・住居36戸の計40戸で、住居のみのマンションであったなら理想的な規模だったと今でも思っています。
 
 売主は、親会社が建設業を営んでいる八王子の不動産会社で、販売代理店は、西新宿の賃貸ビルの一角にある小さな宅建業者でした。その不動産会社の親会社がこの中野のマンションを建築しました。いずれも、それまで聞いたことのない会社ばかりでした。

 その当時、一般的に間取りや仕上げの変更はできなかったのですが、私たち夫婦は、内装デザインの仕事をしていたので、自分たちで図面を描いて、仕上げ材のほか建具や間取りまで変更(2DK→1LDK)させてもらいました。ところが、木目仕上げ(染色仕上げ)の内法材(うちのりざい)を塗りつぶされてしまい、建築会社の所長と夜遅くまでかかって「手直し」したことを思い出します。

関連記事

コメント

非公開コメント