2018/03/03

第26期マンション管理-(定期総会)

<第26期マンション管理>2017年-(定期総会)
●第26期定期総会(2018年2月25日)開催(※今期、私は監事)

 当マンションの総会は、幸いにも、毎回のように出席率が高く、今回も、出席者13人/14人、議決権30/34と、特別決議議案の審議が十分可能な出席状況でした。

・第1号議案(第26期事業活動報告及び収支決算報告)
 理事長が議長に指名され、管理会社担当者より、本議案に関する説明が行われました。説明の後、議長が質問・意見を求めましたが、特に質疑等がないことから採決を行った結果、満場一致にて承認されました。

 <今期の主な活動>
 ①ライフとの定例協議会を開催し、改善事項を重ねて要望
 ②植栽保守会社の交代に伴い、保守内容の調整と契約書(案)の作成
 ③来期中のマンション保険の契約更新(保険料の大幅な値上げ)に伴い、今後の方針と補償内容(案)の作成
 ④消防設備不具合箇所の改修工事について、来期の実施を決定
 ⑤竣工図面の電子化について、来期の実施を決定
 ⑥民泊新法等への対応策を検討し、全ての民泊禁止を明記した管理規約改正(案)の作成
 ⑦厨房ダクト清掃会社の紹介、建物診断の報告受理、LED照明の球交換などの保守メンテ

第2号議案(民泊利用禁止に関する管理規約改定の件【特別決議】
 この地域は、国家戦略特区には入っているが、横浜市又は神奈川県の条例が制定されていないため、現時点では民泊特区には該当しない。しかし、今後、容認する条例が制定される可能性もあるため、また、民泊新法への対策も含めて、全ての民泊を禁止する規約の改定を提案しました。

 質疑応答を経て、審議を行った結果、満場一致にて承認されました。
 
第3号議案(個人情報保護法改正に伴う届出様式変更及び個人情報保護方針策定の件)
 個人情報保護法の改定に伴い、取扱い数量の下限値が撤廃された事から、マンション管理組合も法の対象組織となったため、届出様式の変更を行い、個人情報保護方針についても提案を行いました。

 質疑応答を経て、審議を行った結果、満場一致にて承認されました。

第4号議案(植栽保守会社との業務委託契約締結の件)
 質疑応答を経て、審議を行った結果、満場一致にて承認されました。ただし、、消毒の時間帯については、午後に行うこととし、今後の課題として、水やりについて、理事会で検討することとしました。

第5号議案(改元に伴う管理規約及び各種使用細則改定の件)【特別決議】
 2019年の改元に伴い、管理規約等で使用されている年号を、全て西暦に変更することを提案しました。説明の後、議長が質問・意見求めましたが、特に質疑等がなかったことから採決を行った結果、満場一致にて承認されました。今後、当マンションにおいては、全ての年号を西暦とする方針としました。

第6号議案(第27期事業計画及び収支予算の件)
 議長の指名により管理会社担当者より、本議案に関する説明が行われました。説明の後、議長が質問・意見求めましたが、特に質疑等がないことから採決を行った結果、満場一致にて承認されました。

第7号議案(第27期役員選任の件)
 管理規約により、当管理組合の役員は、輪番制で任期は2年となっていますので、これに則り、候補者を指名し、全会一致で承認・了承されました。
 
 私は、やっと、お役御免となりました。この5年間で、4年間も理事を担っていましたので、暫くの間は、ほかの皆さんに頑張っていただきたいという思いです。(でも、正直言って、心配ですね!まあ、何かと意見を求められることにはなるかと思います・・・?)

報告事項(共用部分火災保険更新について)
 2019年9月25日、現契約のマンション保険期間(5年契約)が終了しますが、その間に、保険料が大幅に値上げされていることから、現契約の補償内容と同等では保険料が3~4倍になるため、保険会社の選定や、補償内容について、今期理事会で検討しました。

 その結果、現契約の保険会社以外の補償内容では、当マンションの実状に合わないことから、保険会社は変更せずに、補償内容の見直しを行い、約10万円/年の増額に押えるという方針としました。補償内容については、主契約の保険金額は、過去の保険金支払い事例の近似値となるよう再調達価格の60%を設定し、共用部分賠償については、他マンションの事例を参考とし、また、居住者賠償責任保険は、過去3年間における支払い実績を基に設定しました。

 これらのことを整理し、皆さんへ説明を行いました。次期理事会にて、再度、検討のうえ、2019年8月までに臨時総会を開催し、保険契約の更新手続きを行うよう申し送りました。

関連記事

コメント

非公開コメント