2018/03/19

鎌倉北条氏の足跡を訪ねて

鎌倉北条氏 ― その盛衰の道を歩く ―

 鎌倉は、私の大好きな都市の一つです。丘陵地と海に挟まれて、平地こそ狭いですが、落ち着いた古都の風情が今もなお感じられます。イミテーションではなく無垢の板壁のモダンな住宅や数寄屋造りの和風建築など、目に留まる木造住宅が、そこかしこに点在しているのも好きな理由の一つです。

 今回は、そういう建物を横目で見ながら、元高校教師の講師の方の説明を聞きつつ、小さな旅をしてきました。このイベントは、WELBOX主催の「北条氏政権の時代を歩く」「鎌倉北条氏100年―その盛衰を歩く―」というものでした。

 全行程は、次のとおり、約5kmの旅でした。
①妙本寺(みょうほんじ)⇒②蛇苦止明神社(じゃくしみょうじんじゃ)⇒③琴弾橋(ことひきばし)⇒④宇都宮辻子幕府跡(宇都宮稲荷)・若宮王路幕府跡⇒⑤峯本ビル遺跡展示場⇒⑥今宮(いまみや)⇒⑦宝戒寺(ほうかいじ)⇒⑧東勝寺(とうしょうじ)⇒腹切りやぐら

20180318 宝戒寺
『宝戒寺』

講師の方の説明を聞いて、特に勉強になったことは、
●何故、関東武士は、源頼朝を担いで、平家と戦ったのか?
⇒関東の武士は、律令制度の元、長年の京都の圧制から逃れたく、 また、流されてきた頼朝が信用できると判断したため
 (この時代、政権が取れる武士(公家)は、源氏平家・藤原の3氏であった。)

●何故、北条氏は、源氏を裏切ったのか?
⇒結局、源氏も京都の武士(公家)であり、関東武士は、自分達をを守るため、 北条氏を代表に押し上げる必要に迫られたのであって、単なる北条氏 によるクーデターではなかった。それが証拠に、鎌倉幕府は、源氏50年 に対して、北条氏1は00年と長きに亘り、立派な執権も排出していた。

 多くの歴史がそうであるように、時の権力者によって歴史は書き変えられることが多く、世論も、面白おかしく歪曲してしまうのが、世の常です。北条氏のイメージが良くないのも、多分にその影響からだと思われます。民主主義の現代であっても、公文書がいとも簡単に書き変えられます。科学は進歩しても、人間は、どうやら進歩できない動物ということのようです。

 鶴岡八幡宮にある池で、珍しく「白鳩の群れ」を見ました。
20180318 鶴岡八幡宮白鳩

2018/03/17

春ですね!

春ですね!

この冬は、例年になく、寒い冬でしたが、
この1~2週間の暖かさで、一気に花が咲き始めました。

大倉山駅東にある「熊野神社 市民の森」でも、
「花桃?」と「櫻」のコラボレーションが見受けられました。

2018 3月 熊野神社市民の森


2018/03/03

第26期マンション管理-(定期総会)

<第26期マンション管理>2017年-(定期総会)
●第26期定期総会(2018年2月25日)開催(※今期、私は監事)

 当マンションの総会は、幸いにも、毎回のように出席率が高く、今回も、出席者13人/14人、議決権30/34と、特別決議議案の審議が十分可能な出席状況でした。

・第1号議案(第26期事業活動報告及び収支決算報告)
 理事長が議長に指名され、管理会社担当者より、本議案に関する説明が行われました。説明の後、議長が質問・意見を求めましたが、特に質疑等がないことから採決を行った結果、満場一致にて承認されました。

 <今期の主な活動>
 ①ライフとの定例協議会を開催し、改善事項を重ねて要望
 ②植栽保守会社の交代に伴い、保守内容の調整と契約書(案)の作成
 ③来期中のマンション保険の契約更新(保険料の大幅な値上げ)に伴い、今後の方針と補償内容(案)の作成
 ④消防設備不具合箇所の改修工事について、来期の実施を決定
 ⑤竣工図面の電子化について、来期の実施を決定
 ⑥民泊新法等への対応策を検討し、全ての民泊禁止を明記した管理規約改正(案)の作成
 ⑦厨房ダクト清掃会社の紹介、建物診断の報告受理、LED照明の球交換などの保守メンテ

第2号議案(民泊利用禁止に関する管理規約改定の件【特別決議】
 この地域は、国家戦略特区には入っているが、横浜市又は神奈川県の条例が制定されていないため、現時点では民泊特区には該当しない。しかし、今後、容認する条例が制定される可能性もあるため、また、民泊新法への対策も含めて、全ての民泊を禁止する規約の改定を提案しました。

 質疑応答を経て、審議を行った結果、満場一致にて承認されました。
 
第3号議案(個人情報保護法改正に伴う届出様式変更及び個人情報保護方針策定の件)
 個人情報保護法の改定に伴い、取扱い数量の下限値が撤廃された事から、マンション管理組合も法の対象組織となったため、届出様式の変更を行い、個人情報保護方針についても提案を行いました。

 質疑応答を経て、審議を行った結果、満場一致にて承認されました。

第4号議案(植栽保守会社との業務委託契約締結の件)
 質疑応答を経て、審議を行った結果、満場一致にて承認されました。ただし、、消毒の時間帯については、午後に行うこととし、今後の課題として、水やりについて、理事会で検討することとしました。

第5号議案(改元に伴う管理規約及び各種使用細則改定の件)【特別決議】
 2019年の改元に伴い、管理規約等で使用されている年号を、全て西暦に変更することを提案しました。説明の後、議長が質問・意見求めましたが、特に質疑等がなかったことから採決を行った結果、満場一致にて承認されました。今後、当マンションにおいては、全ての年号を西暦とする方針としました。

第6号議案(第27期事業計画及び収支予算の件)
 議長の指名により管理会社担当者より、本議案に関する説明が行われました。説明の後、議長が質問・意見求めましたが、特に質疑等がないことから採決を行った結果、満場一致にて承認されました。

第7号議案(第27期役員選任の件)
 管理規約により、当管理組合の役員は、輪番制で任期は2年となっていますので、これに則り、候補者を指名し、全会一致で承認・了承されました。
 
 私は、やっと、お役御免となりました。この5年間で、4年間も理事を担っていましたので、暫くの間は、ほかの皆さんに頑張っていただきたいという思いです。(でも、正直言って、心配ですね!まあ、何かと意見を求められることにはなるかと思います・・・?)

報告事項(共用部分火災保険更新について)
 2019年9月25日、現契約のマンション保険期間(5年契約)が終了しますが、その間に、保険料が大幅に値上げされていることから、現契約の補償内容と同等では保険料が3~4倍になるため、保険会社の選定や、補償内容について、今期理事会で検討しました。

 その結果、現契約の保険会社以外の補償内容では、当マンションの実状に合わないことから、保険会社は変更せずに、補償内容の見直しを行い、約10万円/年の増額に押えるという方針としました。補償内容については、主契約の保険金額は、過去の保険金支払い事例の近似値となるよう再調達価格の60%を設定し、共用部分賠償については、他マンションの事例を参考とし、また、居住者賠償責任保険は、過去3年間における支払い実績を基に設定しました。

 これらのことを整理し、皆さんへ説明を行いました。次期理事会にて、再度、検討のうえ、2019年8月までに臨時総会を開催し、保険契約の更新手続きを行うよう申し送りました。