2017/11/20

日本の心配事(2)

切り刻まれる国土

 最近,首都圏において特に目立つようになりましたが,狭い土地が分筆され,軒を連ねるように2棟,3棟・・・と住宅が連なって建てられたり,少し広い事業跡地などでは,袋小路の私道を挟んで6棟~10棟と密集住宅地が造られたりしています。所謂,ミニ開発と呼ばれるものです。

 その原因は,高騰化した土地価格のために,相続税を賄うためであったり,収益性からであったりと,そのほとんどが経済的理由からです。しかし,根本的な原因は、日本に真の土地利用計画,法律(国土利用計画法,都市計画法,建築基準法等)がないからです。現在の法律では,外国からも揶揄されているように,ほとんど野放しに等しく,市場(経済)任せ,成り行き任せとなっています。将来の国土の姿(グランドデザイン)などとても描けない状態です。

3階建住宅狭小敷地に拍車

 また,1987年の建築基準法の改正に伴い,準防火地域での木造3階建住宅が解禁されたことで,より狭小敷地に拍車をかけることにもなりました。その理由は,3階建は2階建に比べて,同じ床面積を確保するのに最低限必要な敷地が狭く(狭小敷地)て済み,サラリーマンでも手の届く住宅価格になるからです。テレビで持て囃しているところの「狭小建築物」もこの類いです。

その結果,土地の狭小化はどんどん進み,1筆の土地が2つ,3つ,4つ・・・と,建築可能な極限にまで分筆され,それぞれ目一杯に住宅が建てられているのが現実てす。

狭小敷地
<狭い土地を2分割! 1棟⇒2棟へ建築中>

都心部の再開発には多額の国税投下

 その一方で,都心部を中心に,多額の国税を注ぎ込み,土地の集約化と高度利用を目的に,市街地再開発事業などが施行されており,超高層ビルが此処彼処と建てられているのも現実です。

日本の土地利用計画は「頭隠して尻隠さず」

 つまり,日々,土地の狭小化がどんどん進む一方で,再開発事業なとにより土地の集約化も同時に進行しているというのが日本の現状なのです。日本の土地利用計画は,「頭隠して尻隠さず」と,いう訳です。

日本の国策は,税収UPが最優先課題

 国としては,住宅産業,不動産業が活発になり,税収がUPすることから推進している政策なのです。つまり,経済が良くなり,税収さえ増えれば,「国土など,どうなろうとも知ったことではない」と言わんばかりの姿勢で,不作為以外の何ものでもないのです。観光立国と言うには程遠い土地利用計画であるということを認識すべきなのです。

真の「国土づくり,都市づくり,まちづくり」へ施策を転換!

 しかし,このままでは,「安全・安心な都市づくり」,「地震・災害に強いまちづくり」,「都市景観の向上」などに,全く逆行することになります。木造3階建住宅は,防火規制が多少付加されていますが,火災や地震に強い訳ではありません。震災復興とともに,真の「国土づくり,都市づくり,まちづくり」のための土地利用計画に,今すぐに転換しなければ,この国は取り返しのつかないことになることだけは明白です!

2017/11/12

日本の心配事(1)

日本人の思考は情緒的!?

 日本人は,自由と物の無かった戦前・戦中時代を耐え抜き,戦後は,生きるために必死で働いてきました。同時に民主主義が持ち込まれ,自由と平等が与えられたことから,持ち前の勤勉さにより次第に豊かな国へ発展しました。20世紀後半には,技術立国・経済大国とまで言われるようになり,先進国の仲間入りも果たしました。

 しかしながら,唯一,変わらない,変われないのがその国民性です。思考が情緒的で,理論よりも勝り,感情に流されやすいという国民性です。本質を見極めたり,物事を合理的に判断したりするよりも,感情を優先させる性質なのでしょう。しかし,これは,ときに長所でもあり,短所でもあります。

 特に,昨今のように世界がネットワークで結ばれているグローバル化の時代にあっては,この国民性がマイナスとなり,日本が次第に世界から取り残されていくようで不安を覚えます。

政党はグランドデザインやビジョンを示せ! 
 
 特に今回の衆議院選挙の有り様を見ていても,改めてそう感じました。政党マスメディアも抽象的・断片的な政策(タイトル)だけを訴え,そのほとんどの報道は,裏切ったとか,裏切られたとか,排除するとか,如何にも感情論のみに終始していたように思います。将来,この国をどうしたいのか,その具体的政策は何なのか,グランドデザインやビジョンを示す党は皆無でした。

選挙民と直接対話を!
 
 一方,候補者も,街頭で政党と名前を連呼するばかりで,対立候補者や選挙民と直接論議を交わそうとか,自分の主義主張・政策を具体的に訴えようという人は誰一人として居ませんでした。

 今の時代,一つの政党の議員が全ての政策で一致することなどあるはずもありません。政党は,大義で結ばれるものであり,議員一人一人は,その大義を具現化するための政策でしのぎを削るというのが役目ではないでしょうか。大義を持たない議員が多いから,あっちにフラフラ,こっちにフラフラと国民的人気のある党首になびくのだと思います。

 また,我々選挙民側も,候補者と対話(Q&A)することが大事であり,そのことを通じて,冷静に判断をする。それが,民主主義国家における選挙の本当の姿ではないでしょうか!

マスメディア視聴率と心中?

 特に,昨今のテレビを筆頭にマスメディアの質の低さには,閉口するものがあります。意図的に,劇場的・ワイドショー的な報道を繰り返し,最初は散々持ち上げて人気を煽った後,一気にバッシングで奈落の底に叩き落すというやり口が横行しているように感じているのは私だけでしょうか。

 本質とはかけ離れたところに話題が集中し,まるで,視聴率さえ上がれば後はどうにでもなれという感じです。これでは,政党や候補者の本質など見えるはずもありません。メディアの存在意義や使命感など微塵も感じられません。このままでは,視聴率という「亡霊」と心中することになるのではないでしょうか。

忠臣蔵は日本の美談?それとも醜聞?

 日本人が如何に情緒的思考の持ち主てあるかを如実に示しているのが現代でも大人気の「忠臣蔵」です。史実と物語とはまるでかけ離れていますが,数百年経った現代ても泉岳寺への墓参が絶えないことからもそのことが伺えます。どこかの党首や政治家が,現代版吉良上野介になったり,大石内蔵助になったりしているのではないでしょうか・・・?。

2017/11/05

第26期マンション管理(平成29年)-(4)

<第26期マンション管理>2017年-(4)

●第26期第4回理事会(平成29年10月15日)開催(※今期、私は監事です)

①保守メンテ
 ・植栽保守の委託契約書について
 造園会社より、反社会的勢力及び個人情報に関する条項を加えた委託契約書(案)が提出されましたが、、一部条文の構成等の修正を行った上で、総会にて決議を諮ることにしました。

 ・消防設備不具合箇所について
 以前より、消防点検の際、常に指摘のあった不具合箇所について、消防点検に合わせて交換工事を発注することとしました。(消火器交換6本、避難器具パッキン交換11個、非常警報設備交換1台)

②修繕工事
 特にありませんでした。
  
③管理委託
 ・平成29年度保証委託契約受諾証明書の受理
 管理会社より、「平成29年度保証委託契約受諾証明書」が届いた旨、報告があり、制度の内容について説明を受けました。

 ・専有部分の排気ダクトの清掃について
 専有部分の排気ダクト及びレンジフードの清掃に関して、チラシの配布がありましたが、投げ込みと変わらないため、管理組合として居住者に紹介していることが一目でわかるような紙面に修正して、再配布するよう管理会社へ指示しました。

 ・健康診断報告書について
 管理委託契約に基づく管理会社による当マンションの建築・設備の巡回点検報告があり、内容の確認を行いました。緊急を要するものはありませんでしたが、経年劣化は着実に進行しているようです。

 ・マンション保険の更新について
 平成30年9月25日、現契約のマンション保険の契約期間が終了しますが、保険料が大幅に値上げされていることから、補償内容及び保険会社の選定について今期理事会で検討しています。現契約の補償内容と同様では保険料が3~4倍になることから、今回、理事会の意見を反映したプランが管理会社より提案されました。.現契約の保険会社以外では、補償内容が当マンションの実状に合わないことから、保険会社は変更せず、補償内容の見直しにより、約10万円/年の増額(倍以下)に押えるというものでした。本プランを中心に、次期総会で組合員に事前の説明を行った上、次期理事会にて、更に検討を重ねたプランを臨時総会に諮る方針としました。

 ・竣工図の電子化について
 当マンションの竣工図は、経年劣化により今後の維持管理に支障を来たす恐れがあるため、来期、予算計上し、電子化することにしました。

④その他
 ・民泊新法に伴う管理規約改定について
 平成29年6月に住宅事業法が公布され、マンションでも民泊が許可されることになりました。当マンションでは、管理人が居ないため、ゴミの問題や騒音などに対して適切に対処できないことが容易に想定されますので、当マンション管理規約を改定し、民泊を禁止することとしました。次期総会において提議することとしました。