2016/07/24

町内会行事と騒音

昨日は、バブル崩壊後始まった(復活?)と思いますが、町内会主催の盆踊り大会が開催されました。今日と二日間開催されますが、昨日は、例年にも増してスピーカーの音量が大きくあまりにうるさかったので、音量を下げるよう要請しました。さて、今日は、どうなりますか?
私の住む地域のイベントは、秋祭りと夏の盆踊りですが、いずれも、バブルが崩壊するまでは途絶えていたように思います。首都圏の住宅地ですから、高度成長期からバブルが崩壊するまでは、個人のレジャーが優先され、人口は増加しても町内会の行事に参加する人は激減していたと思います。秋祭りなどは、商店街のスピーカーからテープのお囃子がかすかに流れていた程度で、神輿は担ぎ手がいないため、軽トラックに神輿を載せて巡回していました。盆踊りは全く行っていなかったと思います。
ところが、バブルが崩壊してから、太鼓と音響を使っての盆踊りが始まり、秋祭りで神輿が町中拡声器のかけ声で練り歩くようになりました。商店街と町内会の活性化が主な目的だと思います。しかし、商店街の約半分は、店(業態)が入れ替わり、空き店舗と空き地が増え、活性化には程遠い状況です。増加する一方のマンションは、基本的に町内会には加入しません。
SNSやブログで、盆踊りや花火大会、祭りの騒音について、「うるさくて迷惑だ」と訴える人に対して、「昔からの地域の恒例行事だ。二、三日の辛抱ができないのか。いやなら、引っ越しすればいい」などと、過激な反応をする人がいます。
しかし、「昔からやっている行事だから」とか、「風情がある」とかの理由で、太鼓と音響を使って大騒ぎすることが、現在の社会通念上許されることなのでしょうか?私は、何でも反対している訳ではありません。その地域や国のアイデンティティを刺激するような伝統的な祭り(例えば、三社祭や祇園祭など)やビッグイベント(東北三大夏祭りや阿波踊りなど)など本当に風情が感じられるものは、その時代にあわせて継承していくことは日本人として大切なことだと思っています。
つまり、町内会が開催するミニイベントは、その地域のいろいろな住民に配慮すべきだと言いたいのです。心と体のバリアフリーが叫ばれて久しい時代、二・三日位我慢しろとは時代錯誤もはなはだしいと思います。その代わり、交通事情の良くなった現代では、その地域、国として重要な祭りやビッグイベントを継承しつつ、規模の大きな広域的なイベントを広域商業地等で充実させ、発展させていくことの方が重要なのではないでしょうか。住宅地には住宅地としての交流の仕方を見直しては如何でしょうか。
2016/07/23

今年も燕の子育て(2)

巣立ち直前の子燕
 
 7月17日のブログに、今年の東横線大倉山駅の燕の子育ては3羽と書きましたが、7月21日に改めて観察すると、4羽確認されました。1週間も経たない間に随分と大きくなり、巣立ち目前かと思いましたが、やはり、7月23日に寄ってみると、すっかり巣立ちした後でした。

 どこへ行ったのか、どこへ行くのかわかりませんが、来春も、大倉山駅で子育てができますよう、巣を壊さないでほしいものです。

2016/07/18

国立西洋美術館世界遺産登録決定

三度目の正直
 2016年7月17日 上野公園にある「国立西洋美術館」が、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されることが決定しました。フランスの建築家「ル・コルビュジエ」が欧州・アジアに跨る七か国に残した建築17点が一括して登録されるという初めてのケースであり、国立西洋美術館はその中の1点(1/17)ということです。

 しかし、登録が決定されるまでには15年もの紆余曲折がありました。今回(三度目)は、「ル・コルビュジエの功績により、20世紀最大の建築の潮流『モダンムーブメント』を通じた国際化による地球規模の文化が確立された。」という点を訴えて、やっと認められたというものです。フランスが中心となって提案してきましたが、今回の立役者の一人として、日本人の活躍もあったようです。

 「ル・コルビュジエ」は、スイス生まれのフランスの建築家で、合衆国の「フランク・ロイド・ライト」 ·ドイツの「 ミース・ファン・デル・ローエ」と共に、近代建築の三大巨匠と称されています。 また、コルビュジエは、「近代建築の五原則」というものを提唱しており、
1.ピロティ
2.屋上庭園
3.自由な平面
4.水平連続窓
5.自由な立面
というものです。
国立西洋美術館も同様にこれらの要素が取り入れられていますが、残念ながら、屋上庭園は現在立ち入り禁止となっています。

 丹下健三や安藤忠雄など日本の多くの著名な建築家は、ル・コルビュジエの建築の影響を100%受けていると言っても過言ではありません。

 今回の世界遺産登録について、多くの地元関係者は、地域活性化とか、上野の知名度向上とか、経済効果の点ばかりを喜び、強調されていますが、私は、それとは違って、このコルビュジエの遺作をいつまでも維持・継承しなければいけないという大きな義務と責任を世界に対して日本が背負ったことが良かったと思っています。
 
 それでなくても、その後の増築・改修工事によって、コルビュジエ独特の繊細なモダニズムが少し失われたようで、危惧しているからです。

2016/07/17

今年も燕の子育て

2016 燕 大倉山駅

 今年も、東横線大倉山駅の構内で、ツバメが子育てをしています。昨年の巣を修復して、2年連続、同じ巣で子育てをしています。昨年は、6月初旬に確認できましたが、今年は、少し遅れて7月初旬になりました。

 駅は、四六時中、人の往来が多く、カラスなどの天敵から子どもを守るのに最適なのでしょう。犬や猫などと同様、人間に寄り添って生きる動物は、人間にとっても心癒されるものがあります。しかし、落下する糞を嫌って、巣が造れないようにする人やお店もありますが、落書きや赤・黄色の看板、のぼり旗よりは、まだましと思いますが・・・。

 今年は、3羽の子育てをしていますが、子供にせっせと餌を運んで来ては瞬く間に飛び去り、例年のことながら、何と慌ただしいことか。しかし、そのスピードと低空飛行での衝突回避能力は驚異的です。この知能・能力をAI自動運転に応用できれば、絶対に事故や渋滞が発生しないこと請け合いです。