2015/09/02

五輪エンブレム不祥事の責任は誰?

<またもや不祥事>

 9月1日、五輪組織委員会から、盗作騒動の渦中にあったエンブレムの使用中止が発表されました。新国立競技場とは状況こそ違いますが、その原因(病巣)は同じだと思います。

 オリンピックは、今や世界一のビックイベント、良くも悪しくも、限界まで肥大化し、世界中の巨大マネーが動く一大商ビジネスとなっています。1964年の東京五輪のときとは全く次元が違うという認識が、組織委員会や東京都・文科省に欠けていることが原因の一つだと思います。

 もう一つは、根深い病巣でいろいろなことに共通しますが、金と権限を手放さず、官僚に都合の良い民間人に審査を委ね、後は、国民と企業を巧みに操って、自分達の権力拡大と優雅な天下り先の確保に心血を注ぐ明治から脈々と続いてきた官僚制度が、これまでの不祥事を招いた最大の原因だと思っています。

 やはり、お金と権力の分散化(いわゆる小さな政府)、そして、開かれた政府(情報公開)に早く脱皮すべきですが、期待した民主党にも裏切られ、閉塞感を拭えない状況がずっと続いています。これを行わずして、真の構造改革、日本の未来はないと考えています。

 話しが少しそれましたが、一つ気になることは、エンブレムの作者 佐野研二郎氏やその家族に対する誹謗中傷が多いことです。IT(SNS)の負の部分がここにも表れているようですが、安易に炎上してヘイトスピーチを発することは絶対に許されません。一部のマスメディアにも嫌悪感を覚えます。

 この不祥事の最大の責任者は彼ではなく、選定した審査委員であり、広告業界であり、五輪組織委員会です。彼には失礼ですが、あのデザインは、ありふれていて独創性がないが故に、多くのデザイナーから盗作ではないかと疑問を投げかけられたのだと思います。普段から他人の作品に影響を受けやすいタイプなのでしょうか?

 それにしても、度重なる不祥事で日本のイメージダウンは免れようがありません。日本を元気にするため誘致したはずの五輪が逆効果になっては何にもなりません。(誘致前、私は、東京五輪に反対でした。)今となっては、総国民力により、逆転満塁ホームランを打つしかありません。もっと民間力に頼るべきです!